トップページ > ロータリー財団 > WCS/はじめに
ロータリー財団
 World Community Service
「WCS(World Community Service)」とは

 WCS(World Community Service)とは国際奉仕に属する活動です。ロータリー参加者は、このような活動を通じて、人々の生活を改善し、人々のニーズに応えるプロジェクトを実施します。そして、物質的、技術的、専門的援助を通じて、国際理解と親善を堆進します。

■ はじめに
 原ガナバー年度の国際奉仕委員会は「友情交換」、「国際社会奉仕」、「青少年交換」の三つの部会で構成されたが、真保 俊委員長の基本的理念は先の三つの活度は、一つに収斂されるべきものであるというものだった。そして、どの活動から始めても次のプロジェクトへの糸口として活かして行く事を地区内のRCに推奨した。
 特に、WCSプロジェクトは相手国に信頼すべき友人たるロータリアンが居ないと失敗する事例が多いことが多数報告されている。今年度RI会長が推奨するツインクラブも上記の理念を具体化する手段として有効な方法であると思われる。
▲ このページのトップに戻る
2021-22年度国際ロータリーのテーマ


 国際ロータリー(RI)のテーマとは、RI会長から、毎年発表されるロータリー・メッセージのことです。このテーマは、ロータリー年度を通じて、奉仕の実践に最も重要なものです。
 テーマは、会長の抱負を端的に物語るとともに、そのロータリー年度の進路を示すものでもあります。